C-POPファンのための台灣ポップカルチャーメディア

【C-POP】陽光宅男(太陽のオタク)-周杰倫

jay100-2007122705

こちらはまたもジェイ様と方文山の最強コラボの一曲。以前ご紹介していた「公主病(お姫様病)」の元になった曲です。

タイトルの「宅男 zai2 nan2(ザイナン)」とは、日本語でいうオタクのこと。男とあるとおり、これ女の子の場合は「宅女」と言ったりします。そしてこの曲のタイトルでは「陽光 yang1guang1(太陽の光)」という意味がついて、太陽の光のオタク… (笑)直訳すると不可解ですが、英語では「Sunshine Boy」となっているので歌詞もそっちを意識して和訳してみました。

ジェイ・チョウから全国のオタクの皆さんへの応援歌。家に引きこもってないで、太陽の光を浴びるオタクになろうぜ!というメッセージで、歌詞の中では「まるでついさっき出土したばかりの文献みたいに」ダサい男の子を(この例えも凄いw)ファッション・アドバイザー(時尚顧問)として大変身させてやる!という歌です。

路人甲:(映画やドラマなどの)エキストラ
といったこれまでに知らなかった単語にも出会えました。

それにしても・・・
來電顯示給個甜蜜的暱稱;って、面白い。(笑)
電話がかかってきた時にはSWEETなニックネームが表示されるようにしておかなくちゃいけない

なんて歌詞を見ると、女の子って面倒くさいな~男の子って大変だな~なんて思っちゃいますよね。ヌンチャクまで習わないといけないとは!(笑)

陽光宅男/太陽のオタク
作詞:方文山 作曲:周杰倫


鑰匙掛腰帶 皮夾插後面口袋

鍵をベルトに引っ掛けて
皮の財布は後ろのポケットに突っ込んで

黑框的眼鏡有幾千度來海邊穿西裝褲

何千度もある黒ぶちメガネをして
スーツのパンツを履いて海へ行くんだ

他不在乎 我卻想哭 有點無助

彼は気にもしないが、
僕は泣きたくなっちゃうよ、なんだか救いようもないような

他的樣子像剛出土的文物

彼はまるでついさっき出土したばかりの文献みたいで

他烤肉竟然會 自帶水壺

焼肉をするときは、
まさか自分でポットまで持参して

寫信時用漿糊 走起路一不注意就撞樹

手紙を書く時にはノリを使い
歩き始めたかと思えばすぐに木にぶつかる

我不想輸 就算辛苦 我也要等

僕は負けるのは嫌いだよ
たとえ辛くても 僕も待たなくちゃいけない

我也不能讓你再走尋常路

僕は君にまた
いつもの道を歩かせたくないのさ

我決定插手你的人生 當你的時尚顧問 別說你不能

だから僕は君の人生に手を差し伸べようと決めたんだ
君のファッションのアドバイザーになってやろうと
「自分には無理だ」なんて言うなよ

讓我們乘著陽光 海上衝浪 吸引她目光

僕らが太陽の光を浴びて
海の上を波乗りして、彼女の目を引くんだ

不要怕露出胸膛 流一點汗 你成了型男

胸板を見せるのを怖がるなよ
汗をかいて、君はイケメンになるんだ

讓我們乘著陽光 看著遠方 別當路人甲

太陽の光を浴びて、遠くを見よう
エキストラなんかになるんじゃないぞ

讓美女缺氧 靠在你胸膛 我微笑在你旁邊撐傘

美女を酸欠にさせて 君の胸を貸すんだ
僕は笑顔で君の隣でパラソルをさしてあげるよ

喔對了對女生 用心疼 約會要等

ああ、そうだ
女の人には尽くさなくちゃいけないぞ、デートでは必ず待つようにして

笑話就別太冷 像我一樣就剛好

ジョークには冷たくしすぎちゃいけない
僕と同じようにしていればOKさ

對愛的人 接吻要深

愛する人へのキスは深く

擁抱要真 來電顯示給個甜蜜的暱稱

抱きしめるときはぎゅっとして
電話がかかってきた時にはSWEETなニックネームが
表示されるようにしておかなくちゃいけない

穿著要個性 這只是剛剛入門

個性あるように見せるには、これはまだまだ入門編

接下來你還要會彈琴會寫歌會雙截棍

まだまだこれから、
君はピアノを弾けるようになって、歌を作れるようになって、
ヌンチャクを使えるようにもならなくちゃ

頭腦清楚 不能迷糊

頭は良く、ボヤボヤしちゃいけない

我要將你徹底改造基因重組大變身

僕は君の遺伝子を徹底的に組み替えて、
大変身させてやるよ

by
想變成台灣人的日本女孩。高校生の頃に見た台湾ドラマ「流星花園(花より男子)」がきっかけで中国語を勉強し始め、19歳から台灣の静宜大学に2年間留学。C-POPにすっかりハマり、”蘋果公主”として大学生の頃から始めたブログ「愛C-POP研究所」では、300曲以上のC-POPを日本語に翻訳しながら、中国語や台湾の情報を発信。C-POPの魅力や台湾ポップカルチャーを広めるべく活動中。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事